お城ファンクラブ
掛川城
home>日本100名城>掛川城
  日本100名城・・・・・No.42 掛川城
 現在の掛川城より東に500mほどのところにあった掛川古城は、戦国時代の明応6年(1497)~文亀元年(1501)駿河の守護大名今川義忠が遠江支配の拠点として重臣朝比奈康凞に築かせたといわれていいます。桶狭間の戦(1560)で今川義元が織田信長によって倒されると、文禄12年(1569)掛川城は徳川家康に攻められ開城してしまいました。家康領有後、重臣石川家成が甲斐の武田氏侵攻を防ぎました。天正18年(1590)全国平定を達成した豊臣秀吉は、徳川家康を関東に移し、家康旧領地には秀吉配下の大名を配置し、掛川城には山内一豊が入りました。一豊は多くの戦乱により傷んだ城の改築や城下の整備を行うとともにこの時初めて天守閣をつくりました。江戸時代には、徳川親藩の松平氏や江戸城を築いた太田道灌の子孫太田市など11名の大名家の居城として栄え、明治維新まで続きました。

※入場券の案内より引用

 
 概要  平山城
 別名  ―
 築年/廃年  文明元年(1469)頃/明治以降
 築城主  朝比奈泰煕
 歴代城主  朝比奈氏→石川家成→山内一豊→松平定勝~太田氏
 所在地  静岡県掛川市城下8-2
 最寄り駅  JR掛川駅 徒歩7分
 最寄りIC  東名高速道路掛川I.C. 県道38号線経由
 駐車場  有(有料)大手門駐車場・近隣駐車場
 休館日  年中無休
 スタンプ設置場所  掛川城御殿
 ウェブサイト  掛川城


  周辺の地図



  掛川城の見どころその他情報
 1994年(平成6年)4月、日本初の本格木造によって、三層四階の天守閣が復元されています。これは嘉永七年、安政の大地震により天守閣など大半が損壊してから実に140年ぶりだそうです。
城内にある
 ◆天守
 ◆太鼓櫓
 ◆四足門
 ◆霧吹井戸
 ◆掛川城御殿
 ◆大手門
等が見所となります。

【観光スポット】
 ・掛川市ステンドグラス美術館
 ・資生堂アートハウス
 ・事任(ことのまま)八幡宮
 ・高天神城

掛川城御殿で書籍を販売しています

   <書籍の内容について>
  山内一豊と乱世の掛川
  山内一豊の妻(名馬ヘソクリ購入)
  美しい掛川城址よ永遠なれ
  わが国最初の木造本格復元天守
  御用材青森ヒバについて
  掛川城天守と桃山時代の城について

     






Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.