お城ファンクラブ
home>その他のお城>角牟礼城
  続日本100名城・・・・・No.192 角牟礼城
 角埋(つのむれ)山頂に築かれた山城で、玖珠と豊前を結ぶ交通の要衝に位置していたため、大友氏から豊後の境目の城として重要視されていました。
天正十五年の豊薩戦では落城しなかった要害堅固な城です。文禄三年からは毛利高政(もうりたかまさ)が玖珠の拠点として城を改修したと考えられ、二の丸・三の丸地区を中心に高石垣と枡形虎口(こぐち)等をつくり、近世城郭へと変貌させました。これにより、角牟礼城跡は中世山城から近世城郭が成立していく過程を一目で見られる貴重な城跡となりました。
毛利氏転封後は、久留島氏が入部しましたが、二代通春(みちはる)の時に角牟礼城を廃城とし、以後は御止(おと)め山(やま)として管理しました。

※お城のパンフレットより引用

 
 概要  山城
 別名  角埋城
 築年/廃年  弘安年間(1278~1288)/慶長6年(1601)
 築城主  森朝通
 歴代城主  森氏→毛利氏(藤原氏)
 所在地  大分県玖珠郡玖珠町森
 最寄り駅  JR久大本線豊後森駅
 最寄りIC  大分自動車道玖珠IC 国道387号線経由
 駐車場  有(無料) 三の丸跡
 休館日  月曜日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する  休日に当たるときは、その翌日以後の最初の休日でない日)
 12月28日~翌年1月4日(豊後森藩資料館の休館日 お城は随時見 学可能)
 スタンプ設置場所  豊後森藩資料館
ウェブサイト  玖珠町HP


  周辺の地図



  角牟礼城の見どころその他情報
  2016年に発生した熊本地震の影響で三の丸までの駐車場まで行けないのではないかと思い事前に玖珠町に確認しましたが、行くことができるとのことでした。(玖珠町の方ありがとうございました)実際に登城してみますと、やはり地震の影響があり、石垣が一部崩れまだ完全に修理できていない状況でした。番号のついた石が積まれており、また、復旧できていない石がころがっていました。一通り見学して駐車場まで戻ってみますと、青森からお城巡りをしている男性に出会い少々立ち話をしました。もう一ヶ月ほど車に寝泊まりしながらあちこち巡っているそうで時間があるからできるのでしょうが、自分にはできないなぁと思いながら聞いていました。
城内にある
 ◆石垣
 ◆竪堀
 ◆本丸跡
 ◆虎口
等が見所となります。

【観光スポット】
 ・慈恩の滝
 ・豊後森機関車庫
 ・久留島武彦記念館


     






Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.