お城ファンクラブ
home>その他のお城>基肄城
  続日本100名城・・・・・No.184 基肄城
 7世紀後半、朝鮮半島では中国の唐と新羅(しらぎ)の連合軍が百済(くだら)を滅ぼしました。その百済復興のため、日本は援軍を送る決断をしましたが663年の白村江の戦いで大敗してしまいます。このため、唐と新羅の連合軍が国内に攻めてくるかもしれないという緊迫した情勢が生まれ、中大兄皇子(後の天智天皇)は大宰府防衛施設の建造を急ぎました。こうして665年に築かれたのが基肄(きい)城です。百済高官の指導により築かれたこの朝鮮式山城は、大野城とともにわが国最古の山城といわれ、山全体の地形を使い周囲4キロに城壁を廻らす壮大なもので、今もその雄大さを感じることができます。

※基山町HPより引用

 
 概要  古代山城
 別名  ―
 築年/廃年  天智天皇4年(665)/不明
 築城主  大和朝廷
 歴代城主  不明
 所在地  佐賀県三養基郡基山町小倉
 最寄り駅  JR鹿児島本線基山駅
 最寄りIC  鳥栖筑紫野自動車道宮浦IC、城戸IC
 駐車場  有(無料) 基山(きざん)草スキー場駐車場
 休館日  毎月第4月曜日 年末年始(基山町民会館の休館日ですが
 いつでもスタンプ捺印はOKです お城は随時見学可能)
 スタンプ設置場所  基山町民会館事務所
 ウェブサイト  筑紫野市HP


  周辺の地図



  基肄城の見どころその他情報
  事前に基山町にお願いし資料を取り寄せ、ネットでもmapを入手し準備はしていたものの手に入れたものが詳しくなく見学できなかったところがいくつもありました。詳細なmapを入手できたら再度訪問したいと思います。
尚、山頂へは草スキー場の駐車場から登りましたが、急な坂を上り山頂に着いた時の爽快感と眺望がよかったです。
城内にある
 ◆水門跡
 ◆礎石群
 ◆いものがんぎ
 ◆土塁跡
 ◆鐘楼跡
等が見所となります。

【観光スポット】
 ・太宰府
 ・九州国立博物館
 ・九州歴史資料館
 ・水城
 ・吉野ヶ里遺跡

【お知らせ】
 日本城郭協会からの案内です。
平成30年西日本豪雨による被害のため、現在続日本100名城の基肄城(基山)には登城出来ない状況になっています。
道路が通行止めになっておりますので車での登城はできません。
徒歩での登城もがけ崩れなどで危険なため当分の間、お控えください。
なお、スタンプの押印は可能です。


     






Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.