お城ファンクラブ
大分府内城
home>日本100名城>大分府内城
  日本100名城・・・・・No.93 大分府内城
 大分府内城は、慶長2年(1597)に府内入封した福原直高によって築城が始められた城で、江戸時代になり府内藩主となった竹中重利によって天守閣修理などがなされ完成しました。
大分の武将といえば何と言っても大友氏ですが、大友氏は1593年に改易により府内を離れているので、府内城と大友氏は全く関係がないので注意が必要です(大友氏の居館は大友氏館)。
築城を始めた福原直高は元々12万石で入封したため、府内城は非常に壮大な造りとなっていました。その後直高が臼杵に転封されると、代官であった早川長敏が城主となり、江戸時代からは府内藩主となった竹中重利が入城し、城をほぼ完成させました。城主は以降、竹中重義、日根野吉明と代々藩主が務め、明暦4年(1658)以降は松平氏が10代で統治すると、城は明治維新まで存続しました。

※大分市の歴史と文化HPより引用

 
 概要  平城
 別名  大分城、荷揚城、白雉城
 築年/廃年  慶長2年(1597)/明治以降
 築城主  福原直高
 歴代城主  福原直高→早川長政→竹中重利→重義→日根野氏~松平(大給)氏
 所在地  大分県大分市荷揚町
 最寄り駅  JR大分駅 徒歩約10分
 最寄りIC  大分自動車道 大分IC 県道21号線、国道210号線経由
 駐車場  有(無料)城内駐車場
 休館日  年中無休
 スタンプ設置場所  大手門(多門櫓)
 ウェブサイト  大分市HP


  周辺の地図



  大分府内城の見どころその他情報
 あの秀吉の軍師であった竹中半兵衛の従弟である竹中重利が府内藩初代藩主です。
関ヶ原の合戦では当初西軍に与していましたが、後に黒田如水から寝返りをすすめられて東軍に寝返ったので所領を安堵されたとか。
城内にある
 ◆多門櫓
 ◆天守台
 ◆廊下橋
 ◆慶長の石垣
 ◆人質櫓
等が見所となります。

【観光スポット】
 ・大友氏遺跡体験学習館
 ・大分市歴史資料館
 ・高崎山
 ・大友氏遺跡(上原館)


     
このお城の書籍

名城をゆく 第40号 11月9日発売 大分城・岡城(大分)

中古価格
¥622から
(2018/8/15 12:17時点)







Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.