お城ファンクラブ
home>日本100名城>岩国城
  日本100名城・・・・・No.74 岩国城
 関ヶ原の役の後、吉川広家は出雲富田城より岩国3万石(のちに6万石)に転封されました。慶長5年(1600)岩国に移った吉川広家は、要衝の地横山の山頂に要害を、山麓に居館を築くことにし、13年(1608)に至り城が完成しました。岩国城は、岩国では横山城と呼ばれレいましたが、横山とは山の名で、高さ200メートルばかりの山で、西南から東北に伸びていて、屏風のように横たわった山であります。築城に使われた石材は、こと山の西南の峰づたいの岩窟から運ばれました。また、横山の三方を迂回する錦川を外濠とし、東側川向こうの錦見に町割を行い城下町をつくりました。緑の山頂にそびえる白亜の天守は、桃山風南蛮造りの山城で藩の象徴として仰がれていましたが、元和元年(1615)幕府の一国一城の令によって山上の要害は惜しくも破却の運命にみまわれました。第2次世界大戦後、再建の動きが活発となり、昭和37年(1962)3月天守が再建されました。

※岩国城天守閣入場券より引用

 
 概要  平山城
 別名  横山城
 築年/廃年  慶長6年(1601)/元和元年(1615)以降
 築城主  吉川広家
 歴代城主  吉川広家
 所在地  山口県岩国市横山3
 最寄り駅  JR岩国駅から錦帯橋までバスで約20分
 最寄りIC  山陽自動車道 岩国IC 国道2号線経由
 駐車場  あり(無料)
 駐車場はこちらをご覧ください
 休館日  月末日や冬季にロープウエイ点検のため運休があり、それに伴い岩国城も休館します
 スタンプ設置場所  岩国城受付窓口
 ウェブサイト  岩国 旅の架け橋


  周辺の地図

    

  岩国城の見どころその他情報
 錦帯橋いざない街道を北から車できましたが、観光客が多く車も多かったので駐車場もいっぱいかもと思い奥の手を。まず吉川資料館に行って書籍を購入する予定だったので吉川資料館の駐車場に止めて(やはり奥の手 すいてました)資料館に行った後に岩国城ロープウエーの山麓駅まで行きました。お客さんが多い時は短い間隔でロープウエーが運転されていたので、結構人が並んでいても案外早く乗ることができました。山上に着くと、広い道ではなく山道を歩くことにして、出隅石垣(高石垣)を左手に見、御本門跡から入城。空堀、北の丸、竪堀を見て旧天守台に。やはり天守台の石垣はみごとなものです。そして、本丸に入り、天守閣に。その後、大釣井や二の丸、大手門等を見学してから下山しました。
岩国城についてですが、
吉川広家が関ヶ原の役で輝元に相談しないで徳川と密約を結んだことで毛利宗家とのわだかまりがあったが、今後のことを考え一国一城令が出された時、岩国に一城しかない岩国城を築城からわずか7年で破却することになりました。せっかく築城した城なのに破却になり広家も残念だったと思います。

城内にある
 ◆旧天守台
 ◆空堀
 ◆竪堀
 ◆出隅石垣
 ◆模擬天守
等が見所となります。

【観光スポット】
 ・錦帯橋
 ・岩国シロヘビの館
 ・岩国美術館
 ・宇野千代生家
 ・吉香公園
 ・吉川資料館

 吉川資料館で書籍を販売しています
 https://www.kikkawa7.or.jp/goods

 <書籍の内容について>
  初代   吉川広家
  三代   吉川広嘉
  十二代  吉川経幹

     






Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.