お城ファンクラブ
月山富田城
home>日本100名城>月山富田城
  日本100名城・・・・・No.65 月山富田城
 月山の一帯にあり、山陰・山陽十一州を手中に収めた尼子氏歴代が本城とし山陰・山陽制覇の拠点とした月山富田城は、その規模と難攻不落の城として、戦国時代屈指の要害でした。また艱難(かんなん)辛苦に耐える悲運の武将・山中鹿介の出た城として有名です。
 この城を築いたのは、保元・平治のころ(1156~1159)、平家の大将悪七兵衛平景清であると伝えられていますが、その他に佐々木高綱や同義清などの諸説がありいずれも明らかではありません。しかし築城は長寛から文治年間(1163~1189)の頃と推定されています。
 難攻不落の要塞城と言われており、主家への忠義を貫いた山中鹿介の銅像や供養塔、随所に残る石垣や石畳の古道が往時の面影を伝えています。1934年に国の史跡に指定され、2006年には「日本名城100選(65番)」にも選ばれています。
 月山富田城は菅谷口、御子守口、塩谷口の3方面からしか攻められず、城内郭の下段が落ちても、中段の山中御殿で防ぎ、そこが落ちても、主山の月山に登って防ぎ、頂上には堀を築き、守りを固め、一度も落城しなかった天下の名城として知られています。
 この月山には、平時は時を告げ、非常時は兵士を招集する太鼓があったという太鼓壇(たいこのだん)という場所があります。現在は春になると、たくさんの桜が咲く名所となっています。

※安来市観光協会HPより引用

 
 概要  山城
 別名  月山城、富田城
 築年/廃年  文治元年(1185)頃/慶長12年(1607)
 築城主  佐々木義清
 歴代城主  佐々木義清~富田氏~山名氏→尼子持久→清定→経久→塩路掃部介→尼子経久→晴久→義久→福原貞俊~天野隆重~吉川元春~堀尾吉晴・忠氏
 所在地  島根県安来市広瀬町富田
 最寄り駅  JR山陰本線 安来駅
 安来駅より車で20分
 イエローバス・観光ループ「月山入口」下車
 最寄りIC  山陰道 安来IC 県道45号線経由
 駐車場  有(無料)安来市立歴史資料館駐車場・花の壇近くの小さな駐車場
 休館日  毎週火曜日、12月29日~1月3日(安来市立歴史資料館の休館日 城跡は随時見学可能)
 スタンプ設置場所  安来市立歴史資料館
 ウェブサイト  安来市観光協会


  周辺の地図



  月山富田城の見どころその他情報
 難攻不落の月山富田城、毛利相手によく戦ったものだと思います。
最後、山中鹿之助が秀吉から信頼され中国攻めの際、毛利と対峙していましたが、信長の命で
援軍を出せず見殺しにしてしまい尼子氏が滅亡しました。
城内にある
 ◆本丸跡
 ◆二の丸・三の丸跡
 ◆山中御殿
 ◆大手門跡
 ◆七曲り
等が見所となります。

【観光スポット】
 ・安来市立歴史資料館
 ・足立美術館
 ・米子城
 ・米子市立山陰歴史館
 ・水木しげる記念館
 ・水木しげるロード


     
このお城の書籍

週刊ビジュアル日本の合戦 No.33 山中鹿介と月山と富田城・上月城の戦い (2006/2/28号)

中古価格
¥1,863から
(2018/8/15 13:42時点)







Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.