お城ファンクラブ
松江城
home>日本100名城>松江城
  日本100名城・・・・・No.64 松江城
 堀尾吉晴は、慶長5年(1600)の関ケ原の合戦の功績により、遠州浜松から出雲・隠岐24万石の大名として広瀬の月山富田城に入城。
しかし、月山富田城は周囲を山々に囲まれた中世以来の山城で、大砲などを使う近代戦に不利であったこと、また家臣を住まわせる広大な城下町を形成するには土地も狭く、交通も不便でした。そのため宍道湖のほとりの標高28mの亀田山に築城を計画。慶長12年(1607)に着工。5年間にわたる難工事の末、慶長16年(1611)に完成しました。
城郭の広さは東西360m、南北560mもあり、周囲に幅20~30mの内堀をめぐらしていました。その堀尾氏に替わって寛永11年(1634)若狭小浜から京極忠高が松江城主となり、斐伊川などの治水に努めましたが、寛永15年(1638)病死したため京極氏は1代で終わりました。
同年、徳川家康の孫にあたる松平直政が信濃松本より18万6千石で入城。
以後、松江城は松平氏10代の居城として明治維新を迎えます。

松江城は別名「千鳥城」とも呼ばれる城の外壁は大部分が黒塗りの下見板張り。外層5層、内部6階で、城内には松江の街や城の関連資料が展示され、最上階は望楼式になっていて、松江市街を一望できます。
天守閣の最上部の屋根にあるシャチホコは、木彫りで銅張り、高さは約2mもあり、これは現存しているモノでは最も大きいもの。
遊覧船で堀を周回しながら観光し、3箇所から乗船が可能

※山陰観光【神々のふるさと山陰】旅にポータルサイトHPより引用

 
 概要  平山城
 別名  千鳥城
 築年/廃年  慶長12年(1607)/明治以降
 築城主  堀尾吉晴
 歴代城主  堀尾忠晴→京極忠高→松平(越前)直政~治郷~定安
 所在地  島根県松江市殿町
 最寄り駅  JR山陰本線 松江駅 徒歩約20分
 一畑電鉄「松江しんじ湖温泉駅」から徒歩20分
 JR山陰本線「松江駅」からレイクラインバス10分、松江城「大手前」下車
 最寄りIC  山陰道 松江玉造IC 国道9号線・県道37号線経由
 駐車場  有(有料)松江城大手前駐車場・城山西駐車場・島根県民会館有料駐車場など
 休館日  年中無休
 スタンプ設置場所  松江城天守内受付窓口
 ウェブサイト  国宝 松江城


  周辺の地図



  松江城の見どころその他情報
 天守閣の最上部の屋根にあるシャチホコは、木彫りで銅張り、高さは約2mもあり、これは現存しているモノでは最も大きいものです。
松江城の堀は遊覧船に乗って観光できるので、城の内外をのんびり眺めるのもなかなか風流でよいでのはないでしょうか。
尚、松江城は2015年7月 国宝に指定されています。
城内にある
 ◆天守
 ◆附櫓
 ◆鯱鉾
等が見所となります。

【観光スポット】
 ・松江城下町
 ・小泉八雲記念館
 ・小泉八雲旧居
 ・松江郷土館
 ・武家屋敷
 ・大根島
 ・松江歴史館
 松江歴史館で書籍を販売しています

【駐車場】
 松江城も土日祝や観光シーズンは駐車場が満車になることが多いので下記の地図を参考にしてください。
写真をクリックすると大きな写真が別シートで開きます。(水の都松江ホームページより引用)
matsue

     







Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.