お城ファンクラブ
高取城
home>日本100名城>高取城
  日本100名城・・・・・No.61 高取城
 高取山(583.9m)山頂に築かれた典型的な山城。
南北朝以来、越智・本多・植村氏の居城として使われてきた。
元弘2年(1332年)、南朝方に属した高取の豪族、越智八郎が築城。越智氏の時代(1533年)までは、深谷峻崖の天険を利し、橋梁を設け本棚を廻らしたカキ上げ城で本城は貝吹山城であった。
その後、郡山城主となった豊臣秀長の命を受け、天正13年(1583年)に本多氏が入城、時の軍学者、諸木大膳技師長となり、石塁を築き土塀を廻らし、本丸に大小の天守閣を起こし、多門を連ね、幾多の櫓楼を配して、山城に平城の築城技術の長所を採用し、要害堅固と美観の完成で面目を一新。近世的城郭として整備された。本多氏が絶えた後、譜代の大名の植村家政が寛永17年(1640年)に入城。明治2年(1869年)の版籍奉還まで、14代に渡り居城した。版籍奉還により明治政府の管轄になり、明治6年(1873年)に廃城となった。

高取城は城内(ニノ門より内)と郭内(釘抜門より内(こちらの「札の辻」項参照))に分けられる。城内は、約10,000平方m、周囲約3km、城郭は約60,000平方m、周囲約30kmという広大な物で、山城としては日本一であろう。

三層の天守、小天守を擁し、27の櫓(内、多門櫓5)、33の門、土塀2,900m、石垣3,600m、橋梁9、堀切5ヶ所。

現在、楼閣などことごとく消滅したが、石塁等は旧規模のまま存在し、本丸・ニノ丸の約10m余の石垣は昔日の傍観を呈し、更に当初の土塀跡も樹林雑草に隠見する遺構によって察知することが出来る等、ふもとの城下町とともに明治まで続いた山城としては、日本で、ほとんど唯一の例で、極めて貴重な遺構である。

※高取町観光協会HPより引用

 
 概要  山城
 別名  高取山城・芙蓉城
 築年/廃年  元弘2年(1332)/天正12年(1584)
 築城主  越智邦澄・筒井順慶
 歴代城主  越智氏~筒井氏→脇坂安治→本多利久→俊政~植村氏
 所在地  奈良県高市郡高取町上子島
 最寄り駅  近鉄吉野線壷阪山駅 徒歩約2時間
 最寄りIC  京奈和自動車道玉手 国道169号線他経由
 駐車場  有(無料)(壺阪寺から登る側に、4台程度駐車できるスペースあり)
 休館日  毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日)(雛めぐり期間中は無休) (夢創館の休館日 城跡は随時見学可能)
 年末年始
 スタンプ設置場所  高取町観光案内所「夢創館」
 ウェブサイト  高取町観光ガイド


  周辺の地図



  高取城の見どころその他情報
 高取城は日本三大山城と言われていますが、城下町から登りますとなるほどと思われるお城です。城下町から登りますと、1時間から1時間半ぐらいかかるのでそれなりの装備と覚悟が必要ですが遺構が見えてくると今までの疲れがとれるぐらいの光景に出会うと思いますので是非足を運んでみてください。
城内にある
 ◆本丸の高石垣
 ◆太鼓櫓・新櫓の石垣
 ◆天守台の石垣
 ◆本丸虎口の石垣
等が見所となります。

【イベント】
毎年11月23日(勤労感謝の日)に高取城祭りが開催されています。
催し物として、時代行列、火縄銃の実演、大道芸などあり、中でも火縄銃の実演は見物です。
最初は銃声に驚くかもしれませんが見る価値はあるかと思います。

【観光スポット】
 ・壺阪寺
 ・キトラ古墳
 ・石舞台古墳
 ・高松塚古墳
 ・飛鳥寺
 ・岡寺
 ・国営飛鳥歴史公園

【グルメ】
大淀町にある「いろりの家 たんぽぽ」さんではぼたん鍋等の鍋料理がいただけます。
http://www.ooyodo.org/tanpopo/top.htm

【アクセスマップ】
写真をクリックすると大きな写真が別シートで開きます。
(高取町観光ガイドホームページより引用)

     






Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.