お城ファンクラブ
千早城
home>日本100名城>千早城
  日本100名城・・・・・No.55 千早城
 千早城は、元弘2年(1332)の楠木正成の挙兵時、楠木城(上赤坂城)とともに中心的山城として用いられました。
 千早城は、本村の千早集落を見下ろす場所に位置する山城です。ちょうど千早地区の駐在所がある付近から山頂へ長い石段が続いていますが、その石段を登りきると平らな広場に到着します。この平らな広場は「第4郭(四の丸)」と呼ばれる、「曲輪」(くるわ)と呼ばれる人工的に平坦にした部分です。
 そこからさらに奥へ進んでいくと千早神社が鎮座していますが、その御社の裏側、一番高い部分が「主郭(本丸)」と考えられている場所です。
 『太平記』にも記述されていますが、千早城は激しい籠城戦にもかかわらず、落城しなかった山城です。このことは、現地を訪れると、その急な斜面地形から、「なるほど」と納得することができます。
昭和9年3月13日に楠木城跡(上赤坂城跡)、赤阪城跡(下赤坂城跡)とともに国史跡に指定されています。

※千早赤阪村HPより引用

 
 概要  山城
 別名  千剣破城・楠木詰城・金剛山城
 築年/廃年  元弘2年(1332)/明徳3年(1392)
 築城主  楠木正成
 歴代城主  楠木正茂→正行→正儀→正勝
 所在地  大阪府南河内郡千早赤阪村千早
 最寄り駅  近鉄 富田林駅 金剛バス「金剛登山口」バス停下車 徒歩5分
 南海 河内長野駅 南海バス「金剛登山口」バス停下車 徒歩5分
 最寄りIC  西名阪自動車道 藤井寺IC・阪和自動車道 美原北IC 国道309号線経由
 駐車場  有(有料)金剛山登山口前
 休館日  毎週金曜日(祝日の場合は営業)(金剛山麓「まつまさ」の休館日 城跡は随時見学可能)
 スタンプ設置場所  金剛山麓「まつまさ」
 ウェブサイト  千早赤阪村HP


  周辺の地図



  千早城の見どころその他情報
 千早城は楠木正成が築城した城として有名ですがあまり遺構が残っていないのが残念です。
登城口が金剛山の登山道入り口にあるため登山客目当てに駐車場も有料になっているのでしょうが千早城に行く人は無料でもいいのではと思いました。
私が駐車場について車から降りた時、料金を徴収する人が服装を見て、お城の人ですねと言ってました。重装備じゃないからすぐにわかりますね。
城内にある
 ◆四の丸
 ◆石碑
 ◆本丸跡(千早神社)
等が見所となります。

【観光スポット】
 ・上赤坂城跡
 ・下赤坂城跡
 ・金剛山
 ・千早赤阪村立郷土資料館
 ・下赤坂の棚田
 ・ワールド牧場
 ・教祖祭PL花火芸術(毎年8月1日に行われます)


     
このお城の書籍

週刊ビジュアル日本の合戦 No.8 楠正成と赤坂・千早城攻防戦(2005/08/16号)

中古価格
¥1,154から
(2018/8/15 12:05時点)







Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.