お城ファンクラブ
長篠城
home>日本100名城>長篠城
  日本100名城・・・・・No.46 長篠城
 篠城は、豊川と宇連川が合流する断崖上にあり、本丸、帯郭、野牛郭、巴城郭、瓢郭、弾正郭等があります。  戦国時代末期の城であるため、現在、建物は残っておりませんが、一部残っている内堀と土塁が城の東側を守り、後方は合流する2つの川が堀として巧みに利用されている様子から、ここが天然の要害であったことがわかります。 長篠城は、永正5年(1508)、菅沼元成が築城し、天正3年(1575)、徳川家康が奥平貞昌(信昌)を城主に任命し、城を守らせました。 もとよりこの城は、愛知県から長野県、静岡県北部、さらに山梨県へ通じる道中にあり、戦国時代、武田と徳川が拠点として奪いあった城でした。 戦いから約400年が経った現在、長篠城跡は四季折々のさまざまな姿を見せてくれます。  春は桜が美しく咲き誇り、桜吹雪が城跡を包みます。

※新城市HPより引用

 
 概要  平山城
 別名  長末広城、扇城
 築年/廃年  永正5年(1508)/天正4年(1576)
 築城主  菅沼元成
 歴代城主  菅沼氏~奥平信昌
 所在地  愛知県新城市長篠字市場
 最寄り駅  JR飯田線長篠城駅 徒歩約8分
 最寄りIC  新東名高速 新城I.C 国道151号経由
 東名高速 豊川I.C 国道151号経由
 駐車場  有(無料)長篠城址史跡保存館駐車場
 休館日  通常火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)・年末年始12月29日~1月3日(長篠城址史跡保存館の休館日 城跡は随時見学可能)
 スタンプ設置場所  長篠城址史跡保存館窓口
 ウェブサイト  新城市HP


  周辺の地図



  長篠城の見どころその他情報
 奥平貞正が守る長篠城に武田勝頼軍が攻めてきた時に、よく耐えていたものの大軍に抵抗するのも限界になったので、織田信長、徳川家康へ救援を請うため鳥居強右衛門を岡崎へ遣わせました。鳥居強右衛門が長篠城に帰ってくる時に武田軍にとらわれ張り付けされた話は有名です。結局信長が準備した大量の火縄銃で完膚なきまで武田軍をたたいたことも有名な話です。その火縄銃のことがあるせいかも知れませんが、毎年5月5日の長篠合戦のぼりまつりでは、勇壮な合戦行列や火縄銃の実演が行われます。
城内にある
 ◆堀
 ◆土塁
 ◆本丸跡
等が見所となります。

【観光スポット】
 ・長篠城址史跡保存館
 ・設楽歴史資料館
 ・鳥居強右衛門の墓
 ・設楽原古戦場
 ・長篠の戦い古戦場

【イベント】
 長篠合戦のぼりまつりが5月に開催されます。
このまつりは「長篠の戦いの将士慰霊をするためのまつり」で
式典・法要の他、合戦行列・火縄銃演武・長篠太鼓演武・居合・弓の演武などさまざまなイベントが行われます。また物産展もあり多くの人で賑わいます。

長篠城址史跡保存館で書籍を販売しています
http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/6,6721,118,664,html

 <書籍の内容について>
  戦いのあらまし
  戦いにかかわった人々
  長篠の戦いへの日々
  長篠城址史跡保存館への誘い
  長篠の戦い史跡案内
  長篠の戦い参考資料


     






Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.