お城ファンクラブ
home>日本100名城>高岡城
  日本100名城・・・・・No.33 高岡城
 加賀前田家二代の利長公は、天正13年(1585)から13年間、二上山にあった守山城の城主でした。
慶長3年(1598)に利家公の後を継ぎ当主となり、同10年(1605)には隠居して富山城に移りました。同14年(1609)3月の大火により城を焼失し、当時関野と呼ばれていた地に新しく城をつくることにしました。 高岡城は、キリシタン大名であり、築城の名手として有名な高山右近が縄張(設計)したと伝承されています。利長公は、「詩経」の一節からこの地を「高岡」と名付け、同年9月に高岡城に入城しました。その5年後、利長公は死去し、元和元年(1615)、城は一国一城令により廃城となりましたが、三代利常公は、利長公の意をくみ、城郭の基本構造を残しました。
また、まちにおいては鋳造産業の奨励、布・魚・塩などの物資の集散地とし、城下町から商工業のまちへと転換を図りました。当時城跡は、町民から「古御城(ふるおしろ)」と呼ばれ、現在では、高岡古城公園として市民の憩いの場となっています。

※高岡古城公園HPより引用

 
 概要  平城
 別名  ―
 築年/廃年  慶長14年(1609)/元和元年(1615)以降
 築城主  前田利長
 歴代城主  前田利長
 所在地  富山県高岡市古城
 最寄り駅  JR氷見線 越中中川駅 徒歩4分
 あいの風とやま鉄道高岡駅 徒歩15分
 最寄りIC  能越自動車道高岡IC 国道8号線→国道156号線経由
 駐車場  有(無料) 古城公園駐車場(小竹藪駐車場、北口駐車場)
 土日・祝祭日は高岡市職員駐車場も利用可
 休館日  月曜日(祝・休日の場合は開館し、翌平日休館します)年末年始(12月29日~1月3日)(高岡市立博物館の休館日 お城は随時見学可能)
 スタンプ設置場所  高岡市立博物館
 閉館後は本館入口(屋外)に移動しますので、24時間いつでもご自由に押せます
 ウェブサイト  高岡城


  周辺の地図



  高岡城の見どころ・その他情報
 高岡城跡の特徴は、3つの水濠に囲まれていて、その面積は全体の3分の1を占めています。加賀藩は、城の実質的な保全を図ったため、水濠はほとんど築城時のままに残されていることです。確かに水濠は素晴らしく、ゆったりとして城跡を引き立てているような感じがしました。
高岡城跡の市民体育館横の蒸気機関車展示場には田丸城(C58)のようにSL(C11217号)が展示されています。

 見どころ

 ◆水濠
 ◆石垣
 ◆前田利長公像
等が見どころとなります。

 観光スポット

 高岡大仏 富山県高岡市にある、高さ約16メートルの阿弥陀如来坐像「高岡大仏」は、日本三大佛に数えられ昭和8年(1933年)の造立以降、市民から親しまれる象徴的な存在となっており、地元民は敬意を込めて「だいぶっつぁん」(『大仏様』を表す呼称)」と呼んでいます。
※高岡大仏HPより引用
 射水神社 射水神社の祭神「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」は、伊勢神宮に祀られる天照大神の孫神様。「二上神」とも称され、稲作文化を日本全土に広めたという経緯から、五穀豊穰や商売繁栄の守り神として人々に崇敬されてきました。
※射水神社HPより引用 
高岡市立博物館 高岡市立博物館 国指定史跡「高岡城跡」(高岡古城公園)内に立地し、昭和45年6月に開館しました。郷土の歴史・民俗・伝統産業に関する資料を収集保管し、調査研究・展示活動を基本に、講演会等を実施しています。
※高岡市立博物館HPより引用 
 瑞龍寺 高岡の開祖、加賀前田家2代当主前田利長の菩提寺であり、曹洞宗の名刹です。3代当主前田利常の建立で、1997年に山門、仏殿、法堂が建造物として国宝に指定されています。
※とやま観光ナビHPより引用

 書籍

 高岡市立博物館で書籍を販売しています。

 イベント

 高岡古城公園は日本さくら名所100選に選ばれており桜の時期には桜まつりが開催されます。


     







Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.