お城ファンクラブ
上田城
home>日本100名城>上田城
  日本100名城・・・・・No.27 上田城
 上田城は天正11年(1583)、真田昌幸によって築かれた平城で、上田盆地のほぼ中央に位置しています。堀と土塁で囲まれ、虎口に石垣を使った簡素な城ですが、第一次、第二次上田合戦で徳川の大軍を撃退し天下にその名を轟かせました。数ある城郭のなかで、2度もの実戦経験をもち、輝かしい戦果をあげた城は、全国でも他に例はありません。
 しかし、上田城は関ヶ原の合戦後に破却され、藩主であった真田信之も松代へ移封となりました。その後、小諸から入封した仙石氏により城は再興され、近世後半には松平氏の居城となります。 かつて本丸には櫓門2基、櫓7基がありましたが、現在は櫓3基と櫓門1基をみることができます。また、園内には石垣や土塁が至る所に残されています。

※お城のパンフレットより引用

 
 概要  平山城
 別名  伊勢崎城・尼が淵城・真田城
 築年/廃年  天正11年(1583)/明治以
 築城主  真田昌幸
 歴代城主  真田昌幸~仙石忠政~松平忠周→松平氏
 所在地  長野県上田市二の丸
 最寄り駅  JR上田駅 徒歩約12分
 最寄りIC  上信越自動車道 上田菅平IC 国道144号線経由
 駐車場  有(1時間以内無料)上田城跡北観光駐車場など
 駐車場はこちらをご覧ください
 休館日  水曜日・年末年始・祝祭日の翌日(上田市立博物館)
水曜日・年末年始・祝祭日の翌日 8月~10月は無休12月~3月は休館(上田城櫓)
年中無休(上田市観光会館)
 スタンプ設置場所  上田城櫓(冬期は上田市立博物館)、上田市観光会館
 ウェブサイト  上田城


  周辺の地図



  上田城の見どころその他情報
 上田城も松代城と同じく、大河ドラマ「真田丸」で一躍有名になった城ですが大河ドラマの年はあの小さな町に車と人がたくさん訪れ賑わっていました。(大河ドラマの影響はすごい)上田城でもイベントがあり
4月上旬の上田城千本桜まつり
4月下旬の上田真田まつり
上田真田まつりでは、「真田軍武者行列」、信州真田鉄砲隊による「砲術演武」などがあり
火縄銃の実演も行われます。

 見どころ

 ◆東虎口櫓門
 ◆南櫓・北櫓
 ◆西櫓
 ◆堀・土塁
 ◆真田石
等となります。

 観光スポット

 真田氏館跡 真田氏が上田城を築城する以前の居館跡で、地元では「お屋敷」と呼ばれ親しまれています。現在は「御屋敷公園」として整備され、ツツジの名所として知られています。
真田氏本城跡 この城は真田山城、松尾新城、住連寺城、十林寺の城山などといわれますが、真田氏の本城にふさわしい規模や位置の城であることから真田氏本城跡と呼ばれています。 
砥石、米山城跡 県の史跡に指定されている山城。城跡からは上田市街と真田の町並みが一望できます。この地方に勢力を張っていた村上義清の重要な拠点であり、武田信玄が2度目の敗北を喫した「砥石崩れ」の舞台です。 
 池波正太郎真田太平記念館 折りにふれ、上田の人々の顔を思い、上田の町を思うことは、私の幸福なのである。と、直木賞作家の故・池波正太郎氏の思いと氏の歴史小説「真田太平記」を縁に平成10年に開館し池波文学を紹介しています。
上田市立博物館  上田城跡公園内にあり真田氏の甲冑など上田城主関係資料を中心に、上田の中世以降の歴史を展示しています。

 書籍

 上田市立博物館で書籍を販売しています。 書籍案内
  <書籍の内容について>
 上田城の歴史
 上田城の概要
 歴代上田城主
 上田城余話
  <書籍の内容について>
 上田城-その原点を考える-
 上田城築城
 資料解説

 イベント

上田城築城400年の祝いとして始まった市民祭りの真田上田まつりが4月に開催され、鉄砲隊の砲術演武・まちなかを練り歩く武者行列・真田氏の歴史を感じさせる決戦劇などが行われます。


     






Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.