お城ファンクラブ
佐倉城
home>日本100名城>佐倉城
  日本100名城・・・・・No.20 佐倉城
 佐倉城は、戦国時代中頃の天文年間(1532年から1552年)に千葉氏の一族である鹿島幹胤[かしまもとたね]が鹿島台に築いた中世城郭を原型として、江戸時代初期の慶長15年(1610年)に佐倉に封ぜられた土井利勝によって翌慶長16年(1611年)から元和2年(1616年)までの間に築造されたといわれる平山城です。北に印旛沼、西と南に鹿島川・高崎川が流れる低地に西向きに突き出した、標高30m前後の台地先端に位置します。 佐倉城はこうした地勢を巧みに利用しており、さらに水堀、空堀、土塁を築いて守りを固め、東につながる台地上に武家屋敷と町屋を配し、城下町としました。 城内は、城の中心をなす本丸、二の丸、三の丸などと、家臣の屋敷割がなされた曲輪からなっていました。大手門(追手門)、三の門、二の門、一の門のあとを経て広い本丸の跡にでます。本丸と二の丸には屋形があり、佐倉藩の政治の中心的な機能を果たしていました。本丸にはそのほかの建造物として天守閣、銅櫓、角櫓などがありました。 以後、江戸を守る要衝の地として代々譜代大名が封ぜられています。幕府の要職につくと佐倉に移されるという傾向がありました。歴代城主のうち9人が老中となっており、その数は全国の藩で最多です。堀田家が歴代城主のうち半分以上の期間を占めました。 明治時代になりここに連隊が設置される際に解体されたため、城の建造物は、西出丸にある小規模な薬医門の他、一切残っていません。

※佐倉市HPより引用

 
 概要  平山城
 別名  市川城、市河城、鴻之台城
 築年/廃年  慶長15年(1610)/明治以降
 築城主  土井利勝
 歴代城主  土井利勝~堀田氏
 所在地  千葉県佐倉市城内町
 最寄り駅  京成電鉄京成本線 京成佐倉駅 徒歩20分
 JR総武本線 佐倉駅 徒歩25分
 最寄りIC  東関東自動車道 佐倉IC 県道65号線経由
 駐車場  有(無料)国立歴史民俗博物館駐車場
 休館日  1月1日~3日(佐倉城址公園管理センターの休館日 城跡は随時見学可能)
 スタンプ設置場所  佐倉城址公園管理センター
 閉館している場合は、入口左脇屋外スタンプ台にスタンプが置いてあります
 スタンプ設置場所はこちらをご覧ください
 (図は佐倉市HPより引用)
 ウェブサイト  佐倉市HP


  周辺の地図



  佐倉城の見どころその他情報
 失礼な言い方ですが、佐倉市に国立の歴史民俗博物館があること知りませんでした。
知ったからには入館しましたが、入ってびっくり、通常の展示で6室の広い展示室があり、その他展示もあるのでゆっくり見てると時間がありません。
足早に見学し佐倉城跡へ。

 見どころ

 ◆馬出し空堀
 ◆土塁
 ◆曲輪
等となります。

 観光スポット

 国立歴史民俗博物館 日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する、我が国最大の国立の歴史民俗博物館です。
※佐倉市観光協会HPより引用
 本佐倉城 文明16年(1484)頃から天正18年(1590)まで、千葉氏の本拠地とされた城郭です。 この周辺には、城下町も栄えていました。 この城跡の大部分は、現在酒々井町に含まれますが、北西部の一部は、佐倉市になっています。 その保存状態は良好であり、今でも壮大な土塁や空堀が残されています。
※佐倉市HPより引用 
佐倉市武家屋敷 城下町佐倉の面影をいまに残す土塁と生垣の通りに面して、「旧河原家住宅」(千葉県指定文化財)、「旧但馬家住宅」(佐倉市指定文化財)、「旧武居家住宅」の3棟の武家屋敷が現在公開されています。
※佐倉市HPより引用 


     






Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.