お城ファンクラブ
home>その他のお城>大内氏館
  続日本100名城・・・・・No.174 大内氏館
 ここは、大内氏24代弘世が正平15年(1360)頃それまでに館があった大内御坊から山口に移り、館を定めたところです。 大内氏は弘世以後歴代がここで政務をとり、その領国は、中国・九州までおよんだため、山口は西日本の政治経済の中心となりました。また、大内氏は海外との交易によって富の蓄積と異文化の移入、京の戦乱を避けて公卿・僧侶などの文化人がこの館を訪れたことによって、当時の山口は京都をしのぐほどの富みと文化を誇ったと言われています。天文20年(1551)大内氏31代義隆は重臣陶晴賢の叛乱により滅亡しました。その後、陶氏を滅ぼした毛利氏は、弘治3年(1557)大内義隆の菩提を弔うため、この館跡に龍福寺を建立しました。館は、百間四方の堀と土塁に囲まれた中に造られていたと言われています。現在は、ほとんどその面影を見ることは出来ませんが、山門の東側竹林の中に土塁の一部を見ることができます。

※館の説明板より引用

 
 概要  居館
 別名  大内館
 築年/廃年  15世紀半ば/―
 築城主  大内教弘
 歴代城主  大内教弘→政弘→義興→義隆→義長
 所在地  山口県山口市大殿大路
 最寄り駅  JR山口線 上山口駅 徒歩約10分
 最寄りIC  中国自動車道山口IC 国道262号線、→県道204号線経由
 駐車場  有(無料)  龍福寺山門前
 休館日  年中無休
 スタンプ設置場所  山口市歴史民俗資料館受付:月曜(祝日の場合は翌平日振替) 年末年始 展示替え期間
 大路ロビー:火曜日、お盆、年末年始
 ウェブサイト  大内文化まちづくりHP


  周辺の地図



  大内氏館の見どころ・その他情報
 新山口駅から車で大内氏館へ移動し山道前の駐車場に車を駐め早々に龍福寺山門前に。お寺の中に入ると、ザビエル布教の井戸(再現)があり昔ここで布教活動をしたとのことです。ザビエルも日本のあちこちに行ってるんですね。そして資料館の前にある馬の表情がリアルな大内義興公「馬上展望像」を見て資料館に入ろうと思ったところ資料館はやっていなくて中を見ることができませんでした。なぜ見ることできないんでしょうね。それから外に出てみると、復原の土塁や堀が周囲にあり昔の面影を感じることができました。あと、境内に庭園がありましたがこぢんまりとしてなかなかよかったです。龍福寺を後にして大路ロビーに向かいスタンプゲットです。大路ロビー内の係の人が愛想よくいろいろと教えていただきました。

城内にある
 ◆土塁
 ◆堀
 ◆西門
 ◆庭園跡
等が見どころとなります。

【観光スポット】
 ・瑠璃光寺
 ・湯田温泉
 ・山口サビエル記念聖堂
 ・山口県立美術館
 ・維新百年記念公園
 ・高嶺城

 山口市歴史民俗資料館で書籍を販売しています
 http://c-able.ne.jp/~yrekimin/serviceindex1.html

     







Copyright © oshirofan.club All Rights Reserved.